ラクオリア創薬【4579】

ニュース一覧

ラクオリア創薬に関連する企業の最新ニュースの一覧です。

ラクオリア創薬調査レポートなど

ラクオリア創薬に関する他社調査レポートなどです。

パイプライン

2019年12月11日更新

終了状態
準備等状態
実施等状態
販売状態
予定
プロジェクト 化合物コード
(一般名)
主適応症 導出先 探索 前臨床 臨床試験 承認申請 承認 販売 実施地域
契約地域
備考
フェーズ1 フェーズ2 フェーズ3
カリウムイオン競合型アシッドブロッカー
(P-CAB)
RQ-00000004
(Tegoprazan)
CJ-12420 [CJヘルスケア]
LXI-15028 [Luoxin Pharma]
胃食道逆流症
(GERD)
(ERD/NERD)
胃潰瘍
-
フェーズ1終了
日本 胃酸分泌抑制剤の世界市場規模は約2兆円※ラクオリア創薬調べ
CJヘルスケア
フェーズ1終了
米国
販売中(2019年3月~)
韓国 販売名:K-CAB
鐘根堂とコ・プロモーション
年間売上高1,000億ウォンのブロックバスター期待
ロイヤルティ:5~10%
フェーズ3実施中
販売
2022年予定
中国 CJヘルスケアがLuoxin Pharmaに再導出
Luoxin社:中国消化器疾患治療薬売上高4位、消化器疾患治療薬専門企業
市場規模(中国):約2,600億円(約26億ドル)※ラクオリア創薬調べ
承認申請準備中
販売
2021年予定
ベトナム CJヘルスケアがVimedimex Medi-Pharma JSCに再導出
Vimedimex社:ベトナム医薬品流通トップ企業、ベトナムPPI市場シェア1位(参考:IQVIA 2017年)
関連情報
販売
2022年予定
インドネシア CJヘルスケアがKalbe Farmaに再導出
Kalbe社:東南アジア、インドネシア最大手製薬企業、インドネシアのPPI市場シェア1位(契約発表時の情報)
関連情報
販売
2022年予定
タイ CJヘルスケアがPond's Chemical Thailand R.O.P.に再導出
承認申請準備中
販売
2022年予定(メキシコ)
中南米
17か国
(メキシコ、アルゼンチン含む)
CJヘルスケアがLaboratorios Carnotに再導出
Carnot社:メキシコ消化器疾患治療薬シェア1位(参考:IQVIA 2018年9月)
左記中南米にブラジルは含まず
関連情報
欧州
ROW ROW:中南米(ブラジル等)、東欧(ロシア含む)、中東
台湾
東南アジア
CRHR2拮抗薬 RQ-00490721 心不全 名古屋大学
(共同研究先)
共同研究
実施中
日本 特性評価を実施中。
AHA 2019で発表。
2019年終わりから2020年にかけて研究段階を完了予定。[引用元]
TRPM8遮断薬 RQ-00434739 神経障害性疼痛
(化学療法起因性冷アロディニア)
-
前臨床検討中
日本 前臨床開発段階移行(2016年8月)
P2X7受容体拮抗薬 RQ-00466479
AKP-23494954 [旭化成ファーマ]
神経障害性疼痛 旭化成ファーマ
前臨床実施中
全世界 糖尿病神経性痛薬、ヘルペスウイルス感染神経性痛薬。長期の毒性試験と工業的合成手法の確立に向けた試験を実施中。2019年人への臨床試験予定。[引用元]
選択的ナトリウムチャネル遮断薬 - 鎮痛・鎮痒 マルホ
前臨床実施中
全世界
- 炎症性疼痛 -
探索中
日本
特定のイオンチャネル - 消化器領域 EAファーマ
前臨床実施中
全世界 共同研究満了(2017/4/30)。創出された化合物のEAファーマでの開発は継続。ラクオリア創薬の権利は本契約終了後も存続。
特定のイオンチャネル - - あすか製薬
(共同研究先)
共同研究
実施中
- 2019年7月1日に共同研究契約締結。
契約期間は2年間
ナトリウムチャネルNav1.7選択的遮断薬 RQ-00488738 疼痛 -
共同研究
終了
- XuanZhu Pharmaとの共同研究の成果物。ラクオリアとXuanZhuのそれぞれに帰属された研究成果によって収益を得られることになった場合に、一定の料率のロイヤルティを一方に支払う契約。
特定のタンパク質間相互作用 - 疼痛 インタープロテイン
(共同研究先)
共同研究
実施中
-
特発性小児ネフローゼ症候群治療薬 - 特発性小児ネフローゼ症候群 Epigeneron
(共同研究先)
共同研究
実施中
- 2019年9月17日に共同研究契約締結。
遺伝子座特異的クロマチン免疫沈降法(遺伝子座特異的ChIP法)を利用
5-HT4部分作動薬 RQ-00000010 胃不全麻痺
機能性胃腸症
慢性便秘
-
フェーズ1終了
英国 既存薬のモサプリドはピーク時売上212億円(日本)
胃不全麻痺 -
医師主導治験実施中
米国 バージニア・コモンウェルス大学(VCU)でパーキンソン病患者を対象に試験
RQ-00000009
AAT-009 [AskAt]
アルツハイマー病 AskAt
(全世界の権利)
フェーズ1終了
米国
5-HT2B拮抗薬 RQ-00310941 下痢型過敏性腸症候群
(IBS-D)
-
フェーズ1終了
英国
モチリン受容体作動薬 RQ-00201894 胃不全麻痺
機能性胃腸症
術後イレウス
-
フェーズ1検討中
日本
グレリン受容体作動薬 RQ-00000005
(Capromorelin)
AT-002 [Aratana]
食欲不振:犬 Aratana Therapeutics
(全世界の権利(動物薬))
販売中(2017年10月~)
米国 製品名:Entyce®
ロイヤルティ:1桁%台半ばぐらい
食欲不振:猫
ピボタル試験実施中
米国
RQ-00433412 がんに伴う食欲不振
悪液質症候群
-
前臨床検討中
日本
ジプラシドン RQ-00000003
(塩酸ジプラシドン水和物)
ME2112 [Meiji Seika ファルマ]
統合失調症 Meiji Seika ファルマ
フェーズ3終了(結果:有意差なし)
日本 市場規模(日本):約1,600億円※ラクオリア創薬調べ
EP4拮抗薬 RQ-00000007
(Grapiprant)
AAT-007 [AskAt]
AT-001 [Aratana]
IK-007 [Ikena]
RMX1002 [RMX]
変形性関節症:犬 Aratana Therapeutics
(全世界の権利(動物薬))
販売中(米国:2017年1月~、欧州:2019年3月~)
米国
欧州
製品名:Galliprant®
本製品でAratanaはElancoと戦略的提携
ロイヤルティ:1桁%台半ばぐらい
大腸がん AskAt
(全世界の権利(動物薬以外))
米国 AskAtがArrys Therapeuticsに再導出(中国・台湾を除く全世界の権利)
開発:Arrysの親会社のIkena Oncology
Grapiprantと抗PD-1抗体pembrolizumab (KEYTRUDA) の併用臨床試験。
2020年にpreliminaryデータを報告する予定。
非小細胞肺癌腺がん
がん
フェーズ1実施中
中国 AskAtがNingbo Tai Kang Medical Technologyに再導出
開発:Ningbo Tai Kang Medical Technology開発子会社のNingbo NewBay Medical Technology
疼痛
前期フェーズ2終了
米国
フェーズ1終了
中国 AskAtがRMX Biopharmaに再導出
開発:Shanghai HaiHe BiopharmとChina Shijiazhuang Holding Groupの合弁会社 [引用元]
RQ-00000008
AAT-008 [AskAt]
AT-019 [Aratana]
動物薬領域 AskAt
(全世界の権利)
APIの製造工程と初期の製剤化作業の移管を開始
(2019年初頭)
全世界 AskAtがAratanaに再導出
AskAtのAratanaからのロイヤルティ:1桁%台
ラクオリア創薬のAskAtからのロイヤルティ:適応症に応じて1桁%台~10%台
がん 米国 AskAtがArrys Therapeuticsに再導出(中国・台湾を除く全世界の権利)
中国 AskAtがNingbo NewBay Medical Technologyに再導出
COX-2阻害薬 RQ-00317076
AAT-076 [AskAt]
RMX1001 [RMX]
急性痛 AskAt
(全世界の権利)
前期フェーズ2終了
米国
フェーズ1実施中
中国 AskAtがRMX Biopharmaに再導出
開発:Shanghai HaiHe BiopharmとChina Shijiazhuang Holding Groupの合弁会社 [引用元]
CB2受容体作動薬 RQ-00202730
AAT-730 [AskAt]
疼痛
免疫系疾患など
AskAt 全世界 2019年9月20日にAskAtがOxford Cannabinoid Technologiesとライセンス契約、業務提携契約締結
関連情報

影が薄いパイプライン

2019年9月20日更新

プロジェクト 主適応症 導出先 契約地域 備考
ダルババンシン MRSA感染症 - 日本 米国製品名:Dalvance
アニデュラファンギン カンジダ症 - 日本 米国製品名:Eraxis

その他契約

2018年12月15日更新

契約先 契約内容 備考
H. Lundbeck A/S
(デンマーク)
特定の知的財産の全世界における使用権を許諾する特許ライセンス契約を締結 プレスリリース
Shire AG
(スイス)
グレリン受容体作動薬用途の米国内における非独占的使用権を許諾 プレスリリース
- DeNA、DeNAライフサイエンスが展開するAI創薬プロジェクトに参画 プレスリリース

大学共同研究

2019年12月4日更新

名古屋大学 環境医学研究所 ラクオリア創薬産学協同研究センター

大学 専門 研究テーマ 備考
名古屋大学 医学系研究科 生物化学講座 分子生物学 難治性神経芽腫の治療薬の開発を目的とした特定の酵素の選択的阻害剤の探索 プレスリリース
医学系研究科 病態内科学講座 循環器内科学 心不全治療薬の開発を目的とした特定タンパク質に対する選択的阻害剤の探索 プレスリリース
医学系研究科 呼吸器内科学 細胞老化を利用した変異型KRAS肺癌の新規治療薬開発 プレスリリース
環境医学研究所 脳機能分野 質量分析イメージングを用いたTRPM8遮断薬(RQ-00434739)の中枢作用の評価 プレスリリース
環境医学研究所 分子代謝医学分野 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の探索研究により創出された新規化合物の薬効作用機序の解明 プレスリリース
名古屋市立大学 薬学系研究科 病態生化学分野 筋委縮性側策硬化症(ALS)の新規治療薬の創出に向けた初期探索研究 プレスリリース
医学研究科 細菌学分野 マクロライド耐性型A群レンサ球菌に対する新規治療薬の創出に向けた初期探索研究 プレスリリース
岐阜薬科大学 生体機能解析学大講座 薬効解析学研究室 特定化合物を用いた新規網膜静脈閉塞症(RVO)としての有効性検証 プレスリリース

テムリック(子会社)のパイプライン

2019年8月15日更新

終了状態
準備等状態
実施等状態
販売状態
予定
プロジェクト 化合物コード
(一般名)
主適応症 導出先 探索 前臨床 臨床試験 承認申請 承認 販売 実施地域
契約地域
備考
フェーズ1 フェーズ2 フェーズ3
TM-411 TM-411
(タミバロテン)
SY-1425 [Syros Pharmaceuticals]
OP-09 [大原薬品工業]
未治療・高齢の急性骨髄性白血病
(Newly diagnosed unfit AML)
Syros Pharmaceuticals
フェーズ2実施中(多剤併用)
米国 アザシチジンと併用。初期データ
再発・難治性の急性骨髄性白血病
(Relapsed or refractory AML)
フェーズ2実施中(多剤併用)
米国
神経芽腫
(NB)
大原薬品工業
フェーズ1/2実施中
日本
急性前骨髄球性白血病
(APL)
東光薬品
申請中
中国 薬学部分に関する追加データを2020年第1四半期を目標に提出予定。[引用元]
好中球減少症
(NP)
-
前臨床終了
米国

個人調査に基づくため、事業内容変更や誤認等により、本サイトの情報は“事実と異なる場合”があります。
そのため、投資判断に利用しないでください。また、本サイトは投資勧誘を目的としたものではありません。

スポンサーリンク