EP4拮抗薬 RQ-00000007

概要

2018年3月18日更新

EP4拮抗薬の「RQ-00000007」は、がん、疼痛、炎症など様々な適応症への利用が考えられている。

化合物コード RQ-00000007 [ラクオリア創薬]
AAT-007 [AskAt]
AT-001 [Aratana Therapeutics]
ARY-007 [Arrys Therapeutics]
一般名 Grapiprant
主適応症 がん、疼痛、炎症など
開発状況 変形性関節症(犬):米国で販売中
欧州で製造販売承認取得(2018年1月)、2018年欧州販売予定
がん(米国):フェーズ1準備中
(中国):フェーズ1実施中
疼痛(米国):前期フェーズ2終了
(中国):フェーズ1実施中
導出状況 Aratana Therapeutics:全世界(動物薬)
AskAt:全世界(動物薬以外)
以下は、AskAtによる再導出
Arrys Therapeutics:がん免疫治療薬において中国・台湾を除く全世界
Ningbo Tai Kang Medical Technology:がん治療薬において中国
RMX Biopharma:疼痛治療薬において中国

動物薬

2018年3月18日更新

Aratana Therapeutics(以下、Aratana)が犬の変形性関節症における疼痛、炎症の治療薬として販売している。
製品名は「Galliprant®」である。
本製品において、Aratanaは「Elanco Animal Health(Eli Lilly and Companyの動物薬部門)(以下、Elanco)」と戦略的提携をしており、AratanaはElancoと共同でGalliprantを共同販促している。
ラクオリア創薬がAratanaから受領するロイヤルティは、「1桁%台半ばぐらい」である。

Galliprantの売上高推移

Elancoによる2017年の売上高(Aratana Therapeuticsの2017年度事業報告書より)。

個人調査に基づくため、事業内容変更や誤認等により、本サイトの情報は“事実と異なる場合”があります。
そのため、投資判断に利用しないでください。また、本サイトは投資勧誘を目的としたものではありません。

スポンサーリンク